lessでソースコードに色をつける (homebrew 編)

lessでソースコードに色をつける

という記事を見て「Mac でもできるんかなー?」とか思ってたら, Mac 版の記事を @ymotongpoo が書いていました. さすが仕事が速い.

lessでソースコードに色をつける(Mac OS編)

俺は homebrew 使ってるので, そっちでも行けるかなぁ? と

$ brew search source-highlight

としてみると見付かったので, さっそくインストール.

$ brew install source-highlight
$ export LESS='-R'
$ export LESSOPEN='| /usr/local/bin/src-hilite-lesspipe.sh %s'

homebrew はバージョン番号と同じ名前のディレクトリを切るので途中にアスタリスクを入れて適当に対処してます. 複数バージョンあったらまずい気がするけど, 古いバージョンを消せばよいのでこうやっとく.

(訂正) コメントで指摘をいただいて .sh の場所を変更しました.

んで, さっそく適当な test.py に対して

$ less test.py

すると無事色付きで表示されました. めでたしめでたし.

Licenses