Sencha Touch パーフェクトガイドをいただきました

とあるつながりから『Sencha Touch パーフェクトガイド』(大谷弘喜, 稲垣龍一, 川野忍, 土江拓郎, 森本恭平, 高岡大介/共著, 株式会社アスキー・メディアワークス) をいただきました. かなり遅くなってしまいましたが, その恩返しとして感想など書いてみようと思います.

全体の内容

目次を眺めてみると, 次のような 3 部構成になっていることが分かります.

  • 第1部
    • Sencha Touch というフレームワークの位置付け
    • 基本的な道具や概念の説明
  • 第2部
    • Sencha Touch の基礎
  • 第3部
    • 実際にアプリを作る課程を説明
    • 本物の動くコードが載っている

パラパラめくってみると, 全体を通してソースコードがかなりの量載っていることが目に付きます.

ソースコードをどれくらい載せるのか? というのは, 技術書ではよく悩むところです. 載せ過ぎると煩雑になりがちですし, かと言って細かいところを省略してしまうと, そのせいで読者が実装しても上手く動かない危険性が出てきます.

この本では「ソースコードを全て載せる」という方針を採用したようですが, 実際の動作画面の画像や, Google Chrome の開発者コンソールの出力例を載せることで, 読んでいても煩雑と感じたり飽きてくるようなことはありません. ここは著者の方々が気を遣って, 工夫されたのだろうなぁ (そして, 編集者さんの発破掛けがあったのだろうなぁ) と想像しています.

少し話は変わりますが, 実は Sencha Touch には公式のかなり手厚いドキュメントがあります. → http://docs.sencha.com/touch/2.2.0/ このページには, API ドキュメント, 開発およびテストの方法論, 動画による解説, サンプル集があります. このドキュメント自体も Sencha Ext JS (Sencha Touch の非モバイル版) で作ってあります. API ドキュメントは Javadoc のようにソースコードコメントから生成されており, 見た範囲では全ての class, config, property, method, event, CSS 変数に解説が付いています.

これだけ聞くと「この本を読まなくてもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが, そうとはならない理由があります. ドキュメントは確かに豊富なのですが, 全体として散発的な感があり, 内容が豊富過ぎてかえってどれを読んでいいのか迷ったりします. そこをこの本では, 取捨選択し, 1つの流れに整理してあります. ComponentQuery が特にそうなのですが, 必要であれば説明のための例も付け足されています. また Web サーバの準備の仕方や Sass の解説など周辺の情報についても載っています. こういうところにこの本の価値があるのだと思います.

第1部

ここを一通り読んで, 指示の通りに作業すると, なんとアプリが1つ作れてしまいます. この部で開発の準備からアプリ作成の流れが分かるようになっています. sencha コマンド (Play framework の play コマンドのようなやつ) の使い方から, nginx のインストール方法, ブラウザの開発者コンソールの活用の仕方, 実際のアプリのソースコードとその解説まで載っています. 環境構築のところは Homebrew で nginx 入れててちょっと驚きましたが, 本を通しての解説である以上, 環境は揃えておきたいのだと思います.

この部を読んでいてふと気付いたのは, 書いてすぐに動かせる画面が出るのはやっぱり楽しいのだろうな, ということです. Sencha Touch が最低限の設定でそこそこ動くようになっているのがすごいところです. もちろん見栄えも悪くないです.

余談ですが「2.1.5 テキストエディタ」のところで, どんなエディタがオススメされているのか気になりましたが, 特にオススメのものは提示されていませんでした. アリエルさんの社員の方が多いので, きっとこの短い小節に落ち着くまでに血みどろの宗教戦争があったのでしょう(憶測) 社員ごとの使用エディタが載ってる社員紹介のページを探そうとしましたが, 今は見れないみたいで残念です.

第2部

ここを読むと Sencha Touch の基本を一通り理解できます. Sencha Touch のことを知っている人でもリファレンスとして見返すときに便利だと思います.

個々の内容について書いても本書の劣化版の文章にしかならないと思うので, 図やキャプチャが多く読み易い, とだけ書いておきます. それと Sencha Touch の config で設定する方式のおかげで, 余計なコードが無いのも読み易いです. そこは Sencha Touch (および Ext JS) のすごいところだと思います.

第3部

この部では実践的な内容として, アプリを1つ作ります. コンポーネントの作り方, Dropbox にデータを保存, 読み出しする proxy の作成などの内容が載っています. ここまで作れれば, 他の proxy の作成もできると思います.

誤植

気付いたものを書いておきます. (報告用のサイトがあればそっちに書こうと思います.)

P.27 2行目 s/Goole Chrome/Google Chrome/

最後に

Sencha Touch (に限らず Sencha Ext JS も) は JavaScript とは別の世界を作っていて, 独特の作法でアプリケーションを実装します. その作法を概観し実践につなげるには, この本はとても役立つと思います. 後から読み返すのにも良い本ですよ.

Comments

blog comments powered by Disqus

Licenses