Pythonista weekend のまとめ

3/26, 27 はひたすら Python と戯れてました.

Python mini Hack-a-thon

3/26 は Python mini Hack-a-thon に参加してきました. やっていた作業は翌日の CPython reading の資料作りでした.

http://atnd.org/events/12812

実は Python の Hack-a-thon に参加するのはこれが初めてです. 今まで縁が無かったもので…….

もともとどっぷり漬かって作業するのが好きな上に, 困ったときに聞ける人が隣にたくさんいる, というのは天国のような環境でした. 特に今回は Sphinx で S6 という HTML 用のテーマを使ってスライドを作っていたので, @shimizukawa 先生には大変お世話になりました.

いつもスライド作成には苦労するので S6 をがんがん改良したいな, と思っています. 具体的には, もっと設定を細かく差し込めるようにしたいなぁ. S6 作ったのは @shimizukawa 先生なのかな? コミット権欲しいお.

Hack-a-thon が終了した時点では半分くらい出来上がって, それを発表したり勉強会の紹介をしたりしました.

http://partake.in/events/4fbc22d9-67ad-4c2e-a5e7-01e05c6eb04c

他の人の発表はインパクトの強いネタが多く, とても楽しい発表が多かったです. 「目で見て分かる」というのが製品や発表でとても重要なことを再認識してきました.

懇親会も @ransui さんと @gjo さんの間で交わされる濃い話に圧倒されてきました. 自分に色々足りてないなぁ, と実感した1日でした.

全体の雰囲気はこんな感じです. 発表内容がいちいち面白い. 途中で起きてる議論も熱く毒が濃いですwww http://togetter.com/li/116938

CPython reading

3/27 は CPython reading. Python 処理系の本家 C 実装の Python です. そのソースコードを読んできました.

@cocoatomo「ソース読みたいね」@mayahjp「やりましょう」という会話により発生したこの会. こんな内容で人が集まるのか? と思いきや, 20人余り集まってしまい驚きました.

発端の 2 人の関心が言語処理系にあるために第 1 回はそれぞれ, @cocoatomo が parse, @mayahjp が eval といった内容でした.

運営上の反省:

  • カードキーが必要な場所を使ったので, 人の移動に工夫が必要でした. 特にトイレにちょっと行ったりする場合, 帰ってきたことを通知する手段が難しかったです.
  • 空調をかけるのを忘れていました. すみません, 運営のことを考えながら発表を聞いていたせいで頭が一杯で, これは完全に忘れてました.
  • 時間管理が適当でした. 最初に発表の時間を区切ってしまえば良かったですね.
  • 無茶振り枠 (LT 枠) を直前にお願いしてしまった. 快く引き受けてくれた @methane さん, @t2y さんには非常に感謝してます. @finalfusion さんも準備していたそうなので今後の発表に期待です.

発表内容の反省:

  • 話が言語処理系に偏っていました. そっちに関心がある人は良かったとは思いますが, C API の話を期待してた人は期待外れだったかもしれません.
  • 話す内容が予習が必要なものでした. ソースコードリーディングというのは, 予習を前提とするかしないかで全く異なる会になります. 今回, 私は予習を仮定しない発表を準備していたつもりですが, そこそこ高速で進んでしまったかなぁ, と反省しています. それくらいじゃないとつまらない, という人もいるので難しいところです.

次回の方針:

  • この勉強会は社会人が中心なので基本的には予習を前提とは しません. 発表者が事前に資料をどこかに上げて, それを軽く目を通してもらう手順にします.
  • 予習を前提としない分, 扱う題材のサイズを今回よりも小さめにします. 次回で言うと dict の C 実装について取り上げる予定です.
  • ただ, それだけだと刺激が少ない人もいたり, C API の使い方を知りたい人もいたりすると思うので LT 枠を作ります. 本編 (dict について) が 2 時間, LT 枠が 2 時間でやろうと思います.
  • 発表者 (本編, LT) の募集をもっと早めに行います. 今回はバタバタしすぎました.
  • 運営に関する反省はそのまま次へ活かします.

一先ず今考えているのはこんなところです. 運営って難しいですね. Python Hack-a-thon を運営している @voluntas さんはすごいな, と感じます.

難しいけれど, その分やりがいを感じます. 「勉強会は開催してなんぼ」という誰かの言葉が思い出されます.

それでは.

Comments

blog comments powered by Disqus

Licenses